コエンザイムの低血圧対策について

低血圧は私たちの日常生活に支障をきたしてしまうとても厄介なもの。虚脱感・うつ・その他行動にさまざまな支障をきたしてしまう、無視できない病気の一つです。女性に多いとされる低血圧ですが、実はちょっとした日常の工夫によって改善することが分かってきているのです。

コエンザイムQ10は、細胞内で活性酸素を除去し、エネルギーを作り出すはたらきをしてくれます。それによって血液の流れが良くなり、低血圧の症状が改善するというのです。また、生活習慣病を体内環境改善によって予防してくれるので、ドロドロ血液の原因となる活性酸素も排出がスムーズになり、血流を改善できるのです。

そもそも、低血圧の人は血液中のコエンザイム濃度正常値の人よりも低いということが知られています。このことによって、めまいや立ちくらみなど生活に支障をきたす症状が現れたり、うつのような暗い気持ちになるなどの症状が出るということです。コエンザイムの減少は老化や身体への諸症状を引き起こすこともあるので、そうしたトラブルもあわせて生活の質を一気に下げてしまいます。

低血圧を改善するには血流を良くするのが一番で、身体を冷やさないようにするというのはよく知られた事実です。しかし身体の外側だけ一生懸命温めていても、内側にトラブルを抱えているのでは努力もむなしいものになってしまいます。

ですので、まずは体内環境の改善と、血流を良くすることが一番の方法です。そのためには、細胞をしっかりとサポートしてくれるコエンザイムQ10をサプリメントやドリンク、食品(多く含むものはイワシやサバなどの青魚、牛肉、ナッツ類や大豆製品など)から定期的に摂取するようにしましょう。そして、血圧や体温なども含めて体調の変化を注視し、暴飲暴食を避けて夜はきちんと決まった時間に寝るなどの生活リズムを整えていけば、つらかった低血圧の症状にもだんだんと改善の調子がみられるのではないかと思います。